3ヶ月でプロに育てるチョークアート講座

少人数制でのチョークアート講座指導

店内でのチョークアート講座風景


いちからかふぇの「3ヶ月でプロに育てるチョークアート講座」
絵心が無い人でも3ヶ月でサクサクと描けるノウハウを100%伝えます。

こんな事を思った事ありませんか?
・小さな子供がいるが、自宅で仕事をしたい
・病弱で外にあまり出歩けないので、自宅で稼ぎたい
・人との関わりが苦手なので、ネットで商売してみたい
・趣味を収入にしていきたい
・自分に自信を持もつ、仕事を見つけたい
・引き籠もりだけれど、改善して社会に進出したい
・場所に特定されないビジネスをしたい
・自由な仕事をしたい
・高齢になっても、続けられる技術を身に付けたい
・人に教えるのが好きなので、講師になりたい
・外に出て華やかな活動を行いたい


今は信じられないかもしれませんが、絵心が全く無い方でもチョークアートは、収入を得る事が出来るようになるのです。

2016年9月 初めて店舗用のチョークアート看板が売れました。

今はあなたが描く絵が収入になるとは、想像も出来ないでしょう。
実は私も最初本当に、そう思っていました。
今までの私は絵を習っていたり、絵心が備わっていた訳ではありません。
描いた作品を見ると、才能が有ったのだと思われるかもしれませんが、本当にそんな事はありませんでした。
そのような私がチョークアートのプロになり、今では講師になって生徒さんに教えているのです。
そう、チョークアートを初めて見た時は、自分の描いた作品が売れる、ましてや人に教えるなんて想像すら出来なかった事です。
ただ思っていた事は、上手になりたい、自分を高められる趣味を持ちたい、そして将来お店を経営した時に看板などを、自分で描けるようになれれば良いなと思っていた程度でした。

絵が苦手でも楽しく描ける、チョークアートは指で塗るアートなので、狭い場所でもどこでも気楽に描けるのが特徴です。
チョークアートの魅力は、小さな子供がいても描けます、体が弱くて外出が苦手な方でも描けます、高齢になっても描けます、そして見た目が派手で綺麗なので、とても上手に見えますので、短期間でプロになれますし、プロになれば販売も出来る、講師になれば教室を開校出来るようになります。
販売はネットでも可能ですし、自宅をアトリエにして訪問してもらう事も出来るのです。
ネット販売であれば、地方でも可能ですし、山奥でも可能です。
自分の好きな時間に描いて販売する、自由な生活も可能になるのです。

チョークアートは日本では、まだあまり知られていませんでした。
しかし最近はタレントがチョークアートを描き、TVでも紹介されるようになってきたのです。
それでもまだチョークアートを知っている方はまだまだ少ないです。
メディアで紹介されていきますので、チョークアートはこれから益々流行っていく事でしょう。
今プロへ、そして講師になれば、これからの流れに乗って益々収入を得やすくなってきます。

そう、私の周りも最近本当に生徒さんが増えてきました。
「TVで見た事あります」「お友達がやってました」など良く聞くようになりました。
人は知らない事をやるより、知っている事をやる方が安心して出来ます。

絵心が無い、絵が苦手、どうしようかな...
と思っているより、一歩進んでチョークアートを体験してみて下さい。
きっと思っている以上に、綺麗に描けるが出来きます。

講師である私が、プロや講師になった時に、具体的に活動する仕方も教えます。
今はカフェやイベント事業などあり、一度に沢山の方にお教え出来ません。
少人数制でご指導致します。

プロ資格取得の課題作品制作の様子

ご紹介が遅くなりました。
横浜市藤が丘で「いちからかふぇ」を経営しています、小澤純世です。
2015年10月にチョークアートプロ資格取得
2016年4月にチョークアートティーチャー資格を取得致しました。
プロの資格を取った時に、MCAチョークアート協会に所属しました。
現在はいちからかふぇでチョークアート教室を開校、各地のイベントに参加してチョークアート体験を開き、長津田地区センターでチョークアート講座も行っています。

私のチョークアート人生、プロから講師への道

私がチョークアートを知った時から、プロ、講師になった経緯をお話しします。
少しでもあなたのお力添え、経験が役に立つことが出来れば嬉しい限りです。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
アートのプロになる..とても想像出来ないような夢のような話ですが、最初の一歩は本当にあなたと同じで、あなたが思っている事は私にも有った出来事なのです。
それは2014年でしたので、ほんの3年前の事です。

プロになり、お店で購入して頂いた作品もありますし、講師になってから250人以上の生徒さんに教えてきました。
講師資格取得は2016年ですので、わずか1年の間に沢山の生徒さんに教えてきました。

今あなたが「自分には描けない」と同じように思っている時から、わずか3年で想像出来ないくらい
チョークアートで活躍出来るようになり、自分の作品も販売出来るようになったのです。
本当に今でも信じられない事です。

それでもやっぱり「才能があったんだ」「運が良かったのだ」と思うかもしれません。
夫も協力してくれたおかげもありますが、決して才能や運だけではないと思います。

チョークアートで活躍してみたい、プロになって販売したい、講師になって生徒さんに教えてみたいと思う気持ちがあれば、私が今までの経験全てを親身になって伝えたいと思います。
夫はSEの仕事を30年以上も行っていましたので、HPの作成(WordPress)、ネットワーク環境、アメブロを独自に変える、SNSの発信、さらに写真作品創作塾を受講したので写真の撮り方など詳しいです。
プロ、講師になった時には夫婦でご協力出来ます。
何も知らない状態からではなく、私たちが経験した内容をお手伝いしていきますので、本当に安心して下さい。
プロになった後でも、どうやって販売していくか、どうやって活動していくか、ネット販売をどうするかなど、私が今までに経験した事を全てお伝えしていきます。
集客の仕方、宣伝の仕方など仕事として活動する事は、かなり熟知しています。

他の教室と違う所は、まさにプロや講師になった時に、どうするかまでは教えてくれません。
ましてやネット環境は本当に難しいですので、教えてくれる教室は「いちからかふぇ」のチョークアートプロ養成講座だけです。

チョークアートの出会い

私は某大手の金融業の窓口業務に携わっていました。
当時はお客様へのお知らせとして、POP文字みたい字を真似して書いていたのです。
黒板に本日のお知らせを書く、イベントを書くと言う事をしていたのですが、大勢の人達に見られる文字でしたので、もっと上手に書きたいと思っていたのです。

最初はPOP文字を習ってみようと思い、夫に頼んでネットで教室を調べてもらいました。
今もそうですが、当時はネットの使い方があまり判らないので、SEの仕事をしている夫に頼んでいたのです。
ネット環境で調べてみると、通信教育で行う学習がありましたので、そちらを受講しようと思っていたのです。
しかしさらに調べてみますと、黒板アートと言うのがある事が判りました。
白墨のチョークでPOP文字みたいなのと絵を描くアートでした。
それを見ているうちに、そちらの方を学んでみたくなり、教室を調べたのです。
そうすると今度は、色鮮やかな絵を見つけました。
それがチョークアートの初めての出会いだったのです。
ものすごく綺麗で色鮮やか、本当にため息が出るぐらい素敵な絵でした。

「このような絵を描いてみたい」

一瞬でそう思ったのです。
当然プロになって販売するなんて考えもしませんでしたし、講師になって人に教えるなんて絶対考えられませんでした。

習いたい一心で、チョークアートの教室を調べてみたのです。
すると自宅近くに個人で行っている教室があったのです。
早速電話して予約を入れました。
しかし自宅から1時間程の場所で、もっと良さそうな教室を見つけました。

それが私の講師となったMako先生です。

そこも個人で行っていたのですが、なんと教室が5ヶ所もあり、とても活動的に行っている方でした。
最初に見つけた教室に電話した後でしたが、後で見つけた教室が気になり電話してみたのです。
話をしていると、とても相性が良さそうな気がしましたので、そちらに体験で行く事にしました。
最初に見つけた教室へ連絡し、キャンセル致しました。

今考えてみますと、運が引き寄せたと言う感じです。
本当にいろいろとチョークアートだけではなく、ビジネスの仕方なども親切丁寧に教えて頂きました。
とても良きメンターです。

最初にチョークアートの体験を行った時に、想像していたよりもはるかに綺麗に描けた事に驚きました。
講師の方は「誰でも描けるわよ」と描く前に言っていたけれど、とても信じられませんでしたが、綺麗に描けたのです。
初めて自分の作品を見ながら思った事は、「チョークアートは本当に素晴らしい、プロになってみたい」という事でした。

今思うと何と無謀な事を思っていた事でしょう。
他の人が聞いたら、きっとビックリするでしょうね。
絵を習った事が無い、絵心が全くない私が、プロになって絵を販売する、まさしく無謀な事の様に思います。

でも考えてみれば趣味の絵が上達し、自分の絵が人様に喜んでもらえると考えると、少しワクワクしてきたのです。
さらに講師の方から「誰でも描けるわよ」「ぬり絵感覚で出来るわよ」と言われ、実際に描いた最初の作品は、まさしくぬり絵感覚で描けたのです。
実際見た目がとても華やかで綺麗なので、チョークアートはとても続けて行きたくなりました。
絵を描く事自体は憧れでしたし、どうせ続けるのであればプロや講師になったら素敵な人生になりそう、なんて夢のような事を思い描いてしまったのです。

そして今の仕事もいつまで続くか判らないし、退職してしまったら何も仕事が無いのも辛いです。
人と話す事は好きでしたので、夫が夢見ているカフェ店の経営も楽しみでした。
(当時はまだカフェ店を経営するかどうかも、夢の事でした)
チョークアートを描く生活...想像するだけで楽しい人生になりそうです。
自分の好きな時に描いて作品作りを行う、自宅で描けますし講師になれば教室も開けて、生徒さんと楽しく会話しながらチョークアートを楽しめるのです。

気持ちは益々高ぶってきました。
そして夫に相談してみました。
「3ヶ月程でプロになれるし、将来カフェを経営する時には看板も作れるし、もしかしたら販売も出来るようになるかも」
夫はかなり前向きな性格ですので、カフェの看板作りにとても興味を持ち、プロへの資格取得に賛成してくれました。

それから1年後にプロになり、さらに半年後には講師になって現在に至っています。

下記の作品は今まで描いた作品の一部

このなかには販売した作品も数点あります。
絵心が無い状態で思い立った時から、信じられないでしょうが、講師資格を取得した後に描いてきた作品です。
額縁は夫が手づくりで絵に合わせて作りました。
今見直してみますと、グラデーション、塗り方など、上手に描いていないなと思います。
まったく絵心が無い私でしたので、最初はこんな程度だったのでしょう。

長かったプロ取得までの歩み

本来順調に行きますと、3ヶ月でプロになり、さらに3ヶ月(早い方は1ヶ月)で講師になっています。
しかし私は講師になるまで、1年半もかかってしまいました。
それは仕事の通勤距離が長く、とても時間がかかっていたからです。

チョークアートのプロを学んでいた時は、町田から茨城の牛久まで毎日通っていました。
朝5時に起きて出勤し、帰宅は早くても21時です。
片道110kmの距離ですから、往復で220km、今ではよく通っていたなと思っていますが、本当に病気もせず出勤していました。
牛久駅からさらに自転車で通勤ですから、片道2時間半を9ヶ月通っていたのです。
やっと転勤出来ましたが管轄内の転勤でしたので、一番近くても埼玉でした。
今度は片道60km、少しは近くなりましたので、出勤は6時です。
楽になったとはいえ、半年程通っていました。

そのような訳でチョークアートを行う時間は週末だけでした。
週末は平日出来ない事を行っていましたので、なかなか教室へ通う事も出来ず、月1回通う程度で、その間課題の絵を1枚描くだけでの精一杯の生活でした。

大手金融業の窓口業務の仕事は楽しく近くの勤務先でしたら辞めなかったのですが、通勤が本当に辛かったので辞めて何か自分の仕事を見つけたい、本当に真剣に悩み思っていました。
収入が途絶えてしまう、新しくチョークアートの仕事を始める事も不安で、現実的に実行出来ませんでした。

プロとして通い始めてから10ヶ月経ち、Mako先生からも催促の返事が来るようになり、さすがに早く終了しなければと思うようになりました。
家庭内の事は夫にも協力してもらい、後半2ヶ月間は毎週頑張って通うようになったのです。
そして1年後にやっとプロの資格を取得しました。

プロになってすぐに嬉しい出来事

私がプロになったのは2015年10月でした。
プロになってすぐに、私の講師でもあるMako先生が相模原でペインティングイベントが行われたのですが、その時に大きな看板作製を手伝って欲しいとお願いされました。
チョークアート体験も行いますので、後ろに飾る作品を持って来て欲しいとも言われました。

Mako先生の生徒さんが一人ずつ作品を持って来て飾ったのです。
その作品数は20点ほどあり、とても華やかな雰囲気となりました。

私はまだ講師になっていませんでしたので、チョークアート体験の指導は出来ませんでしたので、大きなボードを描く担当になりました。

相模原ペインティングイベントに参加して、大きなボードを描いている様子

一畳分ぐらいある大きさですので、7人程で交代しながら描いていました。
この大きさを6時間程で描くのですから、とても大変でしたが楽しかったです。
そう、プロになって数日しか経っていなかったのですが、とても嬉しい出来事がありました。
それは、チョークアートの作品が初めて売れたのです。

一人の方がチョークアート体験をする後ろに飾っている20点程の作品を見ながら、「これは販売していますか?」と聞いてきました。
Mako先生が「販売してますよ」と言うと、最初に「こちらの作品を買いたい」と言うのです。
それはMako先生の作品でした。
実はMako先生は自分が描いた作品を販売したくない方でしたので、購入しないだろうなと思う値段を提示しました。
少し迷っていましたが、やはり購入せずに次の作品を見て、「こちらの作品はおいくらですか?」と尋ねてきたのです。

それはなんと私の描いた作品でした。
20点程ある作品の中から、先生の作品の次に選ばれたのです。
その時、私は大きなボードの作品を描いていた最中でした。
Mako先生が、「作品を購入したい方がいるわよ」と「販売するなら、いくらで販売する」と聞いてきたのですが、販売出来るなんて思ってもいなかったので、値段設定など当然していませんでした。
Mako先生に「いくらで販売したらいいの?」と聞きました。
すると「5,000円位なら購入するわよ」なんて言うものですから、その値段で販売しました。

プロになって初めての販売

その時が記念すべき、プロになって数日で初めての作品が売れてしまったのです。
本当に信じられないくらい、嬉しい出来事でした。
チョークアートって本当に凄い魅力ある、アートなのだと実感しました。
次々と販売出来て、生徒さんも沢山来るのだろうなと、有頂天になり思っていました。
会社を辞める決意をしたのも、この出来事が切っ掛けとなったのです。

講師取得までの歩み

講師認定のサティフィケイト

チョークアートを学び始めた時は、プロの資格を取って絵を描いて近くの店舗へ営業に行こうと思っていただけでした。
しかしプロになったら今度は自宅で教室が開校できる、講師への道に魅力を感じてきたのです。
絵を販売しながら生徒さんを集めて教室が開ける、作品が売れなくても教室で収入が出来ると思うようになってきました。
職場で人に指導する立場として働いていましたし、人と話す事も好きなので講師になるのも良いかなと思ったのです。
前向きな夫もすぐに賛成してくれましたので、プロ資格を取得後すぐに講師の資格に通い始めました。

講師の資格を取得する場所は、当時日本では当時2ヶ所しかありませんでした。
八王子と埼玉です。
現在は大阪でも取得出来るようになり3ヵ所となりました。
遠い方はホテルに宿泊し、毎日通って1ヶ月で講師になる方もいらっしゃいますし、2週間滞在し帰宅、そしてまた来て2週間程滞在して講師資格を取得する方もいます。
それ程チョークアートの講師は魅力的でもあるアートなのです。
凄い方は本場オーストラリアへ行き、直接モニーク・キャノン氏に教えてもらいに行く方もいます。
今の講師になられている方、私の講師でもあるMako先生もオーストラリアで学んでこられた方です。

最初は1ヶ月オーストラリアに行き、直接モニーク氏に習いに行こうと思っていましたが、会社を辞めて初めてのオーストラリアへ1人で修業すると思うと、その勇気はさすがに無かったです。

全国にプロを育てる講師の方は100名程です。
でも全国で100名程ですので、まだまだわずかな人数です。

チョークアートは講師になりますと、プロまで育てる事が出来ますが、講師を育てる事は出来ません。
オーストラリアで活躍されている考案者のモニークキヤノン氏に、許可を頂く必要があるのですが、殆ど可能性は無いようです。
私の講師はオーストラリアに行って直接モニークキヤノン氏に指導され、講師になったのですがそれでも講師を育てる許可を得られませんでした。
本当に難しい事ですので、講師を育てる方は日本ではまだ3名の方しか居ません。

それから直ぐに講師資格を取得する為、日本で2箇所あるうちの一つ、八王子にある真理先生の所へと通う事になりました。
今度は3ヶ月で取得しようと頑張りましたが、やはり通勤距離の長さと平日家庭内の事が出来ない為、思う様には通えず、結局半年後の2016年4月に講師資格を取得しました。

自宅教室開講しても生徒は集まらず...

自宅教室のリビングの様子

そして翌月、自宅教室を開校したのです。
自宅の教室を雰囲気が良いようにと、リビングの家具を全てカントリー家具に変えました。
全て木の家具なので、とても癒される感じです。

そしてチョークアートを本格的に行い、職業にしようと1大決心をし、大手金融業の仕事を辞めてしまったのです。
しかし現実は厳しかったです。
講師のMako先生は当時教室を7箇所、旦那さんの収入を上回る程、チョークアートで売上を上げていたのと、相模原ペインティングイベントでは、6時間でチョークアート体験される方が70名程の人気、さらにプロになって直ぐに作品が売れたなど良い事づくめを今まで経験してきました。

そのような経験をしていたので教室を開けばすぐにでも、沢山の生徒さんが集まると思ってしまったのが、大きな間違いでした。
ブログで宣伝しても、SNSで発信しても、生徒さんは1人も募集出来ませんでした。
3ヶ月経っても、4ヶ月経っても、本当に1人も連絡さえも来ませんでした。
生徒さんとして来られたのは、夫の友達や元同僚の人達ぐらいでした。
華やかで綺麗なチョークアートの講師になれば、それだけで人が引き寄せられ集まると思っていた事が
とても間違いだったと気づきました。
Mako先生のようになるのは、実はそんなに簡単にはいかない事だったのです。
知名度、宣伝力、そして行動力など、とても必要だと実感したのは今思えばとても良い体験だったと思います。

ただやみくもに待つだけでは連絡は来ませんし、思いつきでビジネスを始めても決して順調には行かないと判りました。
いろいろと調べてみますと、女性起業家を育てる講座があったので、その講座に参加してみました。
とても生き生きとした講座でしたので、会員となりビジネス展開の勉強を始めました。
ブログの付け方、タイトルの決め方、プロフィールの記載の仕方など学びました。

素人考えではいちからビジネスを立ち上げるなんて、とても無理と実感してました。
正しい教育、正しい知識を持ってビジネスを行わないと、生徒さんを集められないのだと本当に実感したのです。
チョークアートも同じです。
趣味で描くチョークアートは見た目は綺麗で華やかですが、プロになった目で見てみますと、やはり基礎が出来ていない為、どこか素人っぽい作品になっています。

外への活動
講師になって1ヶ月後の事です。
自宅近くの駅前でフリーマーケット開催のチラシが入っていましたので、チョークアート体験が出来るかどうか確認し、可能という事で出店しました。

フリーマーケットの様子

最初はなかなか人が来ませんでしたが、一人また一人と体験を行いに来るようになったのです。
初のフリーマーケットで、以前のMako先生のような状態にはなりませんでしたが、13名のお子さん達がチョークアートを楽しく体験してくれました。
チョークアートは人気があり、とても調子が良いように思われました。
次なる行動は自宅近くの店舗に行き、店舗の販売商品を購入したり、店内の様子を見てきました。
そして、その店舗に合うイメージのチョークアート看板を作ったのです。
最初は自宅の隣のお酒が飲める店舗です。

初めての店舗への営業用看板

隣に行ってお酒と料理を食べながら、そのお店の雰囲気を確認して描きました。
ワインとピザを提供していましたので、その絵を描きました。
そして夫が手づくりの額縁を作り作品は完成です。

描いた作品を持ってお店へと行きました。
営業作戦は看板を店内に飾ってもらい、チョークアート教室のチラシを置いてもらう事です。
成功しました。
そして次はお菓子屋さん、パン屋さんへと、同じように店内の様子を見て、商品を購入してイメージに合った看板を作り、飾ってもらいました。

フランス菓子の卓上用チョークアート
パン屋のチョークアート
八百屋のチョークアート看板

生徒が来ない、絵が売れない私に訪れた
ある切っ掛けで、次々とオーダーされる

5店舗ほど看板を作って置いてもらった頃の事です。
夫が腰を痛めた時に、自宅近くに整体院があったので行って治してもらいました。
マッサージを受けながら夫がチョークアート教室の話、看板を作るなど話をしていたそうですが、「看板作りを注文された」と喜んで帰宅してきました。

早速週末の休みの時に話を伺いに行き、初めて店舗の看板作りを始めました。
A型看板の注文でしたので、夫がA型看板を作りました。

初注文のA型看板作製

夫婦合作のA型看板は、とても喜んで頂きました。
今回初めてA型看板を作ったのですが、良く出来たなと自分達でも驚いてます。
注文を受けてからA型看板がどのように出来ているのか、ホームセンターで販売している商品を見たりして、木材を購入して作ったのですから本当によく出来たなと思います。

道具は額縁を作るのに電動糸鋸を購入していました。
値段は10万円程もするので、とても悩んで購入したのですが、この糸鋸は後々開業した店舗改装にも使用して、とても重宝している糸鋸、これがなければ店舗改装も大変だったと思います。
本当に購入して良かったと思います。

DEWALTの電動糸鋸

自宅教室での初めてのチョークアート教室活動

最初はお店にチョークアート宣伝用として、無料で置いてもらい、それを見たお客さんがチョークアートの生徒さんになってくれればと思っていたのですが、実際は店員さんがチョークアートに興味を持って頂き、生徒さんとして来られました。
最初は体験でしたが、お店の商品や看板として作りたいという事になり、店員さんご自身が描く事にもなりました。

店員さんのチョークアート体験

そして初めて最初のアンケートを頂きました。
チョークアートに対してどのように思っているのか、今後続けて行けるのか確認したかったのです。
皆さんしっかりとお答え頂いて本当に嬉しかったです。

体験者の初めての感想アンケート
・絵を描く事が好きで、いろいろな描き方を体験したかった、チョークアートの基礎を知る事が出来ました。(町田市 女性 S.Tさん)
・自分が一度やってみたいと思い、ご縁でチャレンジさせて頂きました。初体験で自分の作品が出来上がった事に、益々興味が湧きました。
ていねいにご指導頂き初めてでも安心してチャレンジ出来ました(町田市 女性 S.Tさん)
・お店の看板等を描くのに役立つと思った、初めてだったので思ったよりうまくいかなかったですが、丁寧に教えてもらえるので、誰でも楽しく体験できると思います。 (町田市 男性 N.Hさん)
・お店に飾りたいと思ったから、初めての体験でチョークアートが好きになり楽しいです。
長く続けるとさらに楽しくなります。 (町田市 女性 T.Tさん)

正直店舗に置いたチョークアートを見て来られた生徒さんは、一人もいませんでした。
興味を持っていると言う話は聞きましたが、連絡はありませんでした。
後から考えてみますと、やり方が悪かったのだと思います。
設置してもらえれば来ると言う単純な発想では、生徒さんは来られません。
店舗開業後にマーケティングの勉強を行ったのですが、いろいろと失敗していたと判りました。
マーケティングを勉強する金額は決して安くはありませんでしたが、本当に役立つ事ばかりでしたので、身に付けばその金額はとても安いものだと思います。

講師になってから半年の間、いろいろとあり勉強になりました。
そして生徒集客の難しさ、ビジネスの難しさを本当に実感しました。
でも無茶しながらでも行動し、メンターとなる方から教わる事はとても大切な事だと思いますし、近道でもあると実感しています。
確かに勉強する金額は支払う時にはとても高いと思いますが、それが身に付き一生利用出来るのですし、収入を得られるようになれるのですから安い投資だと思います。

市議会議員さんとの出会い

町田市のシバヒロでイベントがありましたので、チョークアート体験を行いました。
少し雨模様でしたが、14人の方がチョークアート体験をされました。

体験アンケート
・チョークアートに興味あった、集中出来て楽しい時間が過ごせました (町田市 女性 A.Iさん)
・知人から話を伺い、興味があった為、絵心が全くなく心配だったが、塗り絵感覚で楽しめました。(町田市 女性 A.Yさん)
・思った通り作り上げていくのが楽しかった、絵が苦手な人でも出来ると思う、誰でも楽しめると思います。(大和市 女性 W.Mさん)
・集中して作品を仕上げる事が出来たので、達成感がありました。判らないところは丁寧に教えて頂きましたので、初めてでも楽しく安心して作品が完成します (さいたま市 女性 M.Fさん)

チョークアートの体験でアンケートを頂き、とても参考になりました。

シバヒロでの出店時に、町田市議会の石井議員さんと初めて対面したのもこの時でした。
その後チョークアートにとても興味を持って頂き、何度か描きに来店されています。

福祉に力を入れられている石井議員さん、チョークアートで福祉にも役立てられないかと思案して頂き、町田市の施設で2回子供達を集めてチョークアート体験を実現致しました。
とても楽しそうに描く子供達を見ていますと、もっとチョークアートの楽しさを広げていきたいなと思い、石井議員さん共これから活動していくのかなと思っています。

チョークアート体験でいろいろな方に教えていきますと、弾みが付くと言うのでしょうか、生徒さんが来られるようになってきました。

店舗経営する3ヶ月程前に、夫と一緒に珈琲を学びに行く事になりました。
とても雰囲気の良いコーヒーショップでした。
ここにもチョークアートの看板を置いてもらおうと思い、2回目の珈琲教室へ行った時にチョークアートの看板を作って持って行ったのです。

コーヒーショップの看板

するととても喜んで頂き、設置してもらいました。
カフェ・デザールピコの看板はインコのピコちゃんを描きました。
こちらのコーヒーショップは2店舗経営されていて、珈琲はとても美味しい珈琲です。
もう2店舗目にも舗置きたいという事で、なんとオーダーを頂いたのです。
2作品目の販売が決まりました。

2店舗への納品の様子

6店舗へチョークアートは無料で提供して行きましたが、そのお店の雰囲気やイメージを見ると言う経験は、とても役に立つ事ばかりでした。
実際に店舗に置くチョークアートですので、何店舗も作っていますと技術力もアップしていった感じです。
自宅で練習用として描くより、上達度はかなり早い気がします。
そして夫が作る額縁も作品に合わせて作っていきますので、額縁作りの経験も豊富になってきています。
お互い真剣に作る経験は、無料であっても決して無駄ではない、まさに損して得取れですね。

それから2ヶ月後、急にカフェ店経営が決まり、ものすごく忙しくなりました。
自宅教室は実質終了となり、今度は店舗での教室となりました。

講師資格を取得してから1年間、いろいろと経験してきました。
生徒さんを待っている状態より、積極的に活動する方が本当にいい方向へ動きます。
「無理じゃないかな」、「明日からやってみよう」、「これが終わったらやる」など思っていては、日にちがすぐに経ってしまいます。
さらにやるからには、知っている人に直接指導してもらう方が断然良い物が出来ますし、時間の短縮にもなります。

講師認定後の1年間は試行錯誤で行動してきました。
チョークアートでビジネスをするなんて、最初は無謀と思っていました。
プロコース受講の途中で、違うビジネスを始めていた事も実はありました。
寄り道ばかりしながらプロになったのです。
今思うともっと早く真剣に行えば良かったと反省しています。
でも寄り道したおかげで、沢山の経験があり今でのその経験がとても役立っています。

店舗を経営してから、またまた波乱万丈の生活となっていますが、少しずつチョークアートの仕事も増えてきています。


横浜市藤が丘で販売した店舗用
チョークアート看板

チョークアートとの魅力とは

今までいろいろとチョークアートの事を書いてきましたが、そもそもチョークアートは学校の黒板に使用するチョークではなくオイルパステルと言う、油分が多く含まれたクレヨンです。
ブラックボードに塗って絵を描いていくのですが、筆は使用しないで指で伸ばしていきます。
指先や関節を使用しながら伸ばしていくので、とても描きやすいです。
一度塗っても消しゴムで消せるのが特徴、消す事が出来ますので失敗してもやり直す事が出来ます。

消しゴムの本来の使用の仕方は、塗り終わった後に輪郭がボヤっとしていますので
キリッとした輪郭になるように消しゴムで消すのです。
ブラックペンシルと言うもので、輪郭をなぞるとキリッとしてきますので、最終的には両方のやり方で完成させます。

複数の色を重ねて塗り、指で伸ばしていきますと綺麗なグラデーションとなり、立体的に見えるようになります。
チョークアートで難しいかなと思う作業は、グラデーションですね。
難しいと言っても何回か塗ってみますと、コツをすぐに覚えてきます。

描き終わったらラッカースプレーを全体的に吹き付けて、乾燥させると絵が消えなくなるのです。

普通の絵は一度描いてしまうと消す事が出来ないですが、チョークアートは何度も消せる、指で塗るのでぬり絵感覚で手軽に描けるのが魅力です。
指で塗りグラデーションを付けていく事で、立体的に見える、コツを覚えていくと本当に面白いように描けていくのがチョークアートの魅力です。
絵心が無い、絵が苦手の方でも、とても上手に描く事が短期間で出来るようになるのが、魅力の一つでしょう。

さらにチョークアートを描いていますと、とても集中出来て無心になって描きます。
集中力が高まりますと、嫌な事を忘れる、持続力が高まる、達成感が出るなど、とても人生が楽しくなる効果があります。

チョークアートを使用するメリット

チョークアートは本来店舗の看板用でした。
しかし一般の人も描いて楽しむ事が出来る事に気づき、描いた作品は部屋に飾ったり、玄関の表札、お友達のプレゼント、お祝い品、店舗の看板、自宅教室の看板、メニューボードなど、いろいろと使用されるようになったのです。

絵心が無い方でも、とても綺麗に描けるのがチョークアートの魅力です。
少し練習して描きますと、人にプレゼント出来るぐらい上達します。
喜んでくれるのであれば、それはビジネスチャンスにもなります。

描いて楽しい、そして販売出来たり、人に教えられるようになれば、さらに楽しいですよね。
描いた作品が販売できる、最初は自分の作品なんて..と思いますが、決してそのような事は無いですし、自分の自信にもつながります。

さらに会社での人間関係、子育てで自由な時間がとれないなど、ストレスを発散出来ます。
好きな時間に描けますので、練習もしやすく、プロや講師の資格取得で社会進出が出来やすくなりますし、講師になれば人に教える事が出来ますので、高齢になっても仕事が続けられます。

確かにアートの勉強をされた方で、プロや講師活動をされている方もいます。
とても独特の作品を作っていますので、比べると見劣りしてしまうかもしれませんが、決してそのような事は無く、チョークアートを描いていない人にとっては、どちらも素晴らしアート作品に見えるのです。

そう、今のあなたのように、私の作品を見て「素晴らしい、綺麗、自分には描けない」と思っている事でしょう。
何度も言いますが、私の美術の勉強は学校の美術程度ですし、小さい頃から絵が得意でもありませんでした。

早くマスターすればする程、営業活動して生徒数を増やす事により、後々楽になっていくのです。
チョークアートの魅力は、綺麗な絵を描けるだけではなく、人生を楽しく過ごす、人とのふれあいを楽しむ事も出来るようになれるのです。

チョークアートが描ける年齢は?

チョークアートを描く方は小学3年生から高齢者(私の生徒さんでは92歳)まで、とても幅広い年齢層で描けます。
特に女性の方が90%程活躍しています。
絵の性格上、女性から好まれるのでしょうが、女性にとっては仕事として楽しく出来る事ですね。
趣味を見つけたい、人生が楽しくない、もっと華やかな仕事をしたい、子育てで時間がとれない、引き籠りで外に出たくない、一人で寂しい、人恋しいけれど話す切っ掛けが無いなど..

チョークアートは人生を劇的に変えてくれるほど、素晴らしい趣味でもあり、仕事でもあると思っています。

プロ、講師になった後の活動方法を指導致します。

何も知らない状態からチョークアートの教室、講師活動を行ってきました。
他の方たちも試行錯誤で活動されている方、どうしたら良いのか判らないままの方もいると思います。
私の場合は夫と一緒に協力しながら、試行錯誤で歩んできました。

チョークアートのプロや講師は、順調に学んで行けば半年で取得できます。
しかしその後の営業活動、宣伝の仕方など、実際に行動しようとすると本当の判らないものです。
教室を開業すれば生徒が集まる、決してそのような事はありません。

「いちからかふぇ」はプロや講師の方へ、宣伝活動の仕方、SNS、ホームページの作り方など、丁寧に指導致しております。

チョークアートのプロを育てる教室は沢山ありますが、その後の指導をする教室は「いちからかふぇ」だけです。
店舗に来られるチョークアート以外の自宅教室を開校している人達も、ホームページの作成、SNSの発信、集客の仕方など、本当に困っている方が来られます。

カフェを経営していますと、いろいろな情報が入ってきますし、いろいろな方の悩みが聞けます。

自宅開業したいと思われる方は、今すぐ「いちからかふぇ」へご相談ください。
TEL 045-877-9882
webからのご連絡、ご質問

プロコースの料金
教材費   6,800円(初回のみの材料費となります)
基礎コース 1回 2.5時間  8,600円×10回
中級コース 1回 2.5時間  8,900円×10回
上級コース 1回 2.5時間  9,800円×10回
コース合計で10時間までの延長は無料です。
10時間以上となりますと、延長料が発生致します。
※(料金は全て税抜き価格です、カード払いも可能です)

 

プロ作業に関わるのその他料金
ホームページ作成(WordPrss)
必要な機能のみで、ホームページがサクサクと出来るようになります。
Wordpress3日間コース 1回 2時間   16,000円×3回
自宅でホームページ作成時の問題点をLINE、Skype、メール等で解決していきます。
写真の上手な撮り方(スマホ)
1日間コース 1回 2時間    5,000円×1回
写真の上手な撮り方(一眼レフ)
1日間コース 1回 2時間    7,000円×1回
※(料金は全て税抜き価格です、カード払いも可能です)

 

プロコースへの保証

保証を付けるのはプロになられる方へ、本当に真剣にお教えしたいと思っているからです。
「チョークアートをご指導通りに学んでも、上達しなければ料金は全てお返しいたします」と言うのは簡単です。

でもあえてそれは言いません。

それは「ダメだったら無料になるし、気楽に受けてみようかな」なんて言う気持ちで受講したら、どんなにこちらが真剣に指導しても、気持ちが気楽になり、本当に上達しなくなるからです。
人は何かを行うと決意しても「忙しい」「これを終わらせたら」「仕事や家事が忙しく時間が無い」「すぐに上達しないと嫌になる」など、良い訳をしながら「どうせ上達しなければ料金は全て戻るから」と思う気持ちが真剣になれなくなるからです。
料金の支払いも1回ずつの講習でのお支払で可能ですが、ダメなら途中で放棄出来ると思うとまた真剣度が違ってきます。
逃げられる道を自ら作ると、本当に気持ちが逃げてしまいます。

保証とは、プロになった後に作品が販売出来るまでしっかりと無制限に何度もフォロー致します。
プロになる道は並々ならぬ苦労をします、それは私も同じ道を歩んだからです。
真っ暗な道を明かりを付けずに歩くようなものですし、手探り状態で歩くのはとても危険です。
高いお金を払ってプロになられた方も、まったく営業が出来ずに過ごしている方を多く知っています。
「どのように営業したらいいのか判らない」「まったく売れない」など...
本当に無駄な投資ですし、時間も無駄になってしまいました。

自分の作品が販売出来るまで、何度もしっかりと営業の仕方や販売の仕方をフォロー致します。

少しでも迷っている、趣味を実益にしたいと思うのであれば、すぐにご相談ください。
ご相談は無料で行っています。

新しい事を始めるのは本当に不安になります。
何も知らない事や、信じて良いのかと不安になりますよね。
私も初めてチョークアートを習う講師選びは、本当に悩みました。
実力はあるのか、絵心が無い自分を本当に上達させてもらえるのかなど、悩む事ばかりでした。

最終的に選んだ理由は、講師の人柄でした。
プロになった後でも、気楽に相談出来るか、親身になって頂けるかでした。

その判断は間違っていませんでした。
2年経っていますが、今だに連絡を取り合い仕事も廻してもらえます。
チョークアート以外にも、カフェの相談にもしています。

私もその様な講師になりたいと、プロを終了したからもう終りと思わずに、チョークアート活動をされている限り、連絡を取り合える付き合いをしていきたいと思っています。

生徒さんからよく聞かれる質問です。
1.絵心か無いのですが、本当に上手に描けますか?
今までに300人以上の生徒さんを教えてきましたが、95%の方が上手に描いていました。
5%の方はもう少し練習すると上達すると言う方でした。
その方達も2回目でかなり上手に描けるようになりました。

2.黒板で使用する白墨で描くのですか?

パステルチョークと言う色鮮やかなチョークを使用して描きますので、学校で使用している白墨とは違います。
黒板と同じように消す事が出来ます、消しゴムで消して描き直す事が出来ます。3.プロに本当になれますか?
私も絵の練習などした事が無かったので、当初はプロ/講師になれるなんて想像も出来ませんでした。
そんな私でもプロに成れたのは、プロになる為の講習がありそれを学ぶ事により、基礎をしっかりと練習できたからです。
基礎の練習を行いますと、本当にいろいろな絵が描けるようになります。
思った通りの絵が描けるようになりますと、プロになれるのだと自信が付いてきます。

私は信頼できるプロを育てて、一緒にチョークアート活動を行おうと考えています。
カフェ店を経営していますと、いろいろと情報が入ってきます。
チョークアートに興味を持つ方、店舗用のチョークアートの看板を設置したい方など、いろいろと話を聞きますが、とても一人ではやりきれる作業ではありません。
当店でプロになり、その後に講師になられた場合、生徒さんの仕事をご紹介する事も出来ますし、制作のご紹介も出来るようになります。
当店を窓口にして、仕事の斡旋を展開して行こうと考えています。
各地点での教室も今後増やしていく予定ですので、一緒にビジネス展開を行える方も募集しています。

もちろん個人で好きな様に活動される事もあるでしょう、好きな絵ばかりを描いてビジネスにしていく事も大切ですし、是非とも積極的に活動される事を期待しています。

もう一つ言い忘れていた事がありますが、プロになった時には宣伝がとても大切になります。
それはホームページの作成やSNSの発信、特にメルマガでの発信はとても重要です。
ホームページ作成やアメブロの改修、メルマガ発信など、宣伝活動を行う技術をサポート致します。

チョークアートに興味を持ち、趣味で何枚も描く方も当然いらっしゃいます。
3,4枚描いていきますと、本当に上達してとても綺麗な絵が描けるようになりますので、お友達へのお祝いのプレゼント用として差し上げてもとても喜ばれるようになります。

ただしプロ資格を取得していないと、販売は出来ません、そして講師資格が無いと人には教えられません。
MCAチョークアート協会で禁止しています。

チョークアートは年齢制限がありません、92歳の方もチョークアートを楽しまれています。
ずっと趣味として楽しまれるのであれば、プロになる事をお勧めしません。

最近は女性起業家がとても増えてきています。
それは専業主婦、パートとして働くなど、将来的に非常に不安になるからです。
こらからは益々女性起業家が増えてくる事でしょう、そして自ら稼いで生きがいを感じながら働く事がとても大切になる時代へと、確実に向かっています。
少しでも華やかにそして楽しく過ごせるようになる為には、是非起業家への道を考えた方が良いです。
行動すれば必ずビジネスとして結びついてくるようになり、自分の思うような仕事が出来るようになります。
ビジネス展開していければ、将来の不安も無くなってきます。
年齢制限の無い、自宅で出来るチョークアートで、人から喜ばれる仕事を目指していきましょう。
「いちからかふぇ」は頑張る女性を真剣にサポートします。

いちからかふぇ経営で学んできた事を、頑張る女性起業家を対象に「女性起業家のブラッシュアップ講座」も予定しています。
是非ご期待下さい。

 

チョークアート体験の報告
今までに沢山の体験者からのアンケートを頂いています。
とても全部はご紹介出来ませんが、体験報告をご覧ください。

・絵心なしでも可愛い作品に仕上がったので、家に持って帰っても飾れそうです。
(横浜市青葉区 女性 J・K様)
・集中して取り組めた、小学生の頃以来ぶりぐらいのチョーク!?クレパス!?で楽しかったです。
(横浜市青葉区 女性 M・Y様)
・チョークアートがどんなものかという事を知れた事、短い時間で作品が完成する事、集中する事が心地よかった。
(横浜市 女性 T・N様)
・判りやすく教えて頂いて良かったです、不器用な方でも大丈夫です。
(大和市 女性 小原直子様)
・集中してチョークアートをする時、とっても楽しく完成した時、綺麗に出来てうれしかった。
(横浜市青葉区 女性 T・Y様)
・前からチョークアートに興味がありました、時間がかかったけれど楽しく受講できました。
(横浜市青葉区 女性 H・Y様)
・サロンやイベントで使うオリジナルのボードが欲しかった、丁寧なアドバイスと優しい雰囲気の中で、初めてでも安心しました。
(川崎市 女性 山崎由香様)
・以前から関心がありました、初めてですがとても判りやすく教えて頂きました。
(横浜市瀬谷区 女性 黒田恵理子様)
・お店を通りかかり表の看板を見て来ました、作品に集中して気分転換になりました。
(横浜市 女性 H・M様)
・お友達と楽しく体験でき、素敵な作品も仕上がった。
(青葉区もえぎ野 女性 Y・M様)
・とても楽しく集中して作業が出来た。
(青葉区藤が丘 女性 M・K様)
・使った事のない色とりどりのチョークで出来た事です、集中して取り組めたのも良かったです。
(青葉区新石川 女性 S・T様)